5編のリドルストーリーに込められた想いとは?『追想五断章』米澤穂信

5編のリドルストーリーに込められた想いとは?『追想五断章』米澤穂信

大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語」を探して欲しい、という依頼を受ける。調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかりー。五つの物語に秘められた真実とは?青春去りし後の人間の光と陰を描き出す、米澤穂信の新境地。精緻きわまる大人の本格ミステリ。

Advertisement

タイトルについて

よく見ると中央にフランス語のような文字が書かれていますね。

「断章」という単語は聞き慣れないものでしたが、辞書によると「詩や文章から抜き出した一部分」とのこと。

つまり5編から成る物語なのだろうと想像ができますね。


装丁・表紙について

よく見ると中央にフランス語のような文字が書かれていますね。

恐らく「Cinq Fragments de la Mémoire」と書かれていると思いますが、「Cinq=五」、「Fragments=断片」、「de la Mémoire=記憶の」って感じでしょうか。

つまりタイトルの『追想五断章』ってことでいいんですかね?

そして表紙自体もストーリーに登場する古書店などと同様、レトロな雰囲気なのが良いですね。


ストーリーや私的思い入れ

まず本作は「リドルストーリー」という体裁をとっています。

リドルストーリーとは、結末を曖昧にして読み手に委ねる手法(物語)のことです。

挿入されている5編からなる物語(リドルストーリー)は、それぞれ独立させても非常にエンターテイメント性の高い作品となっているのですが、それぞれを『追想五断章』として統合することで全く新しいストーリーを紡ぎ出しています。

本作は主人公・菅生芳光が、北里可南子の依頼を受け5つのショートストーリを探す物語ですが、このストーリー構成、米澤穂信の手腕がいかんなく発揮されていますよね。

作中で登場する「アントワープの銃声」というキーワードや結末への期待感が、ページをめくる手を止めさせません。

リドルストーリ(明確な結末のない物語)の特徴や本作における役割を考慮すると、比較的謎の核心部分には近づくことができるかもしれませんね。

そして、最後のリドルストーリーである「雪の花」の見せ方は本当に上手いと感じました。

本作の結末はネタバレ感想を一読するのではなく、ぜひ実際に書籍を手に取って読んで頂きたい一作です。