存在を口にすると現れるという都市伝説の正体は?『電氣人間の虞』詠坂雄二

存在を口にすると現れるという都市伝説の正体は?『電氣人間の虞』詠坂雄二

「電気人間って知ってる?」一部の地域で根強く語られている奇怪な都市伝説。真相に近付く者は次々に死んでいく。語ると現れ、人の思考を読むという電気人間は存在する!?ライターの柵馬朋康もまた謎の解明に乗り出すが、複数の仮説を拒絶する怪異は、彼を出口の見えない困惑の迷宮に誘うー。ミステリか、ホラーか。ジャンルの枠を軽妙に超越する鮮烈の問題作!

「BOOK」データベースより
Advertisement

タイトルについて

本作のタイトルですが、初見では「電氣人間の虜(とりこ)」かと思ってしまったのですが、実際は『電氣人間の虞(おそれ)』なんですよね。

読めるかいっ!

それから、「電氣人間」ってのも気になりました。

「電気」ではなく「電氣」…。

Google先生に聞くところによると、「氣」という漢字にはエネルギーやオーラという意味があるそうです。

そして「虞」は心配や懸念を意味するとのこと。

難しい言葉も調べてみると作品の趣旨がわかって面白いものです。


装丁・表紙について

デビュー作『リロ・グラ・シスタ』をはじめ、詠坂雄二の文庫本の表紙は一貫して本作のような雰囲気ですね。

ちょっとダークでミステリアス、それでいて不快ではない雰囲気は嫌いではないです。

電線の上に座る「何者か」が電氣人間を表しているのだと思います。


ストーリーや私的思い入れ

確か「ブックオフオンライン」でテキトーに面白い本を探していたときのこと。

ふとした瞬間に飛び込んできたタイトル『電氣人間の虞』、著者・詠坂雄二。

詠坂雄二の名前は聞いたことがあったのですが、まだ読んだことがなくポチったことを思い出しました。(中古ですみません…。)

先述のとおり、「電氣人間の虜(とりこ)」だと思っていた次第ではありますが、こうして私は「詠坂ワールド」に足を踏み入れたのでした。

本作はミステリでありながら、読み進めていくと非常に不思議な感覚に襲われます。

掴みどころがないような、ミステリなのかホラーなのか、はたまたSFなのかよくわからなくなってきますね。

ただ、ミステリとしての評価は非常に高く、面白いミステリやおすすめミステリを挙げるような話題となると、必ず本作を推している方を見かけます。

ただ、名作の常でアンチも多く、現に本作はアンフェアとは言わないまでも、ちょっとコレはどうなのってところもあり、好き嫌いが分かれる作品だと思います。

まぁ、万人受けする小説なんてこの世にはありませんが…。

キーとなるのはやはり「電氣人間」です。

電氣人間の特徴は、「語ると現れる」「人の思考を読む」「電気で人を殺す」などなど。

あまり言及するとネタバレとなってしまいますが、当然これらの設定が伏線となり、読者へのフィニッシングストロークをブチかまします。

その一撃があまりにも強烈で、細々した作品への難癖も吹き飛ぶでしょう。

個人的に、一読即解(読めば解かる)の典型的作品ですな。