唯一無二のエンタメ小説『ディスコ探偵水曜日』舞城王太郎

唯一無二のエンタメ小説『ディスコ探偵水曜日』舞城王太郎

迷子専門の米国人探偵ディスコ・ウェンズデイは、東京都調布市で、六歳の山岸梢と暮らしている。ある日彼の眼前で、梢の体に十七歳の少女が“侵入”。人類史上最大の事件の扉が開いた。魂泥棒、悪を体現する黒い鳥の男、円柱状の奇妙な館に集いし名探偵たちの連続死―。「お前が災厄の中心なんだよ」。ジャスト・ファクツ!真実だけを追い求め、三千世界を駆けめぐれ、ディスコ。

「BOOK」データベースより
Advertisement

タイトルについて

まず「ディスコ」って今の若い方は知らないと思います。

かくいう私もあまり知りません…。

「ディスコ+探偵+水曜日」という何の関連性もなさそうな単語たちがタイトルを成している異様な状況は、まさに舞城王太郎らしいと感じました。


装丁・表紙について

本作は文庫では上・中・下巻にわかれているのですが、いずれの表紙イラストも初音ミクをデザインしたKEI氏が担当されています。

以前紹介した『天体の回転について』もそうでしたよね。

いずれの巻も非常に可愛いイラストでジャケ買いが捗る一方、手に取るのはちょっとこっ恥ずかしいという方も一定数以上いらっしゃるかと思います。

ちなみに私は発売日に書店に走り、GETしました。


ストーリーや私的思い入れ

とにかく奇想天外な物語。

一言で形容するならば唯一無二のエンターテイメント小説

ある意味どの小説よりも他人に勧めたい作品ですね。 

北欧神話や、タイムスリップに見立て殺人、伏線に次ぐ伏線、どんでん返しからのどんでん返しと良い意味で物凄い疾走感があります。

山岸梢や水星C、とげとげ豚など登場人物には魅力的なキャラクタが多く、中でも主人公であるディスコ・ウェンズデイ(Disco Wednesdayyy)が個人的にお気に入りです。

ディスコは他のキャラクターと比較してもヘタレではあるのですが、現実を受け入れ奔走する姿がカッコいい!

そして、舞城王太郎の過去作品で登場したキャラクターも多数登場するので、そちらを読了しておくと本作品がさらに魅力的なものに感じるかもしれません。

物語が進行するにつれて、その物語が集約するどころかどこまでも広がっていくような感覚は、他の作品では味わえないと思います。

そして物語の開始直後では到底想像もつかない結末に…。

小説ではなく映画を観ているような感覚に陥ります。

どれだけ文章で説明しても、本作の魅力は読まなけりゃわからない!