乾くるみワールド全開の学園ミステリ『ジグソーパズル48』乾くるみ

乾くるみワールド全開の学園ミステリ『ジグソーパズル48』乾くるみ

私立曙女子高等学院の問題児ばかり集められるクラスに、ある生徒が異動してきた。家族が借金を抱えているため、自分で学費を稼ごうと校則違反のアルバイトをしていたことが理由だという。それを知ったクラスメイトたちは彼女が特待生資格をとれるよう一致団結するが…(「マルキュー」)ほか全七篇を収録。個性豊かな女子高校生達が日常で起きた事件を解決!ミステリの名手がおくる連作短篇集。

「BOOK」データベースより
Advertisement

タイトルについて

タイトルはあのアイドルグループの名称をもじっていることは疑いようがありません。

まぁ本作にはジグソーパズルもアイドルも登場しませんが、「パズル=ミステリ」「アイドル=女子高生」と考えると、本作を表現するタイトルとしてはピッタリかもしれませんね。


装丁・表紙について

非常に可愛らしいイラストの表紙となっています。

乾くるみ作品は結構こういった表紙の作品が多く、女の子が活躍(?)するストーリーともマッチしている気がします。


ストーリーや私的思い入れ

本作は私立曙女子高等学院を舞台とした学園ミステリ短編集となっています。

まず初読時に1編目「ラッキーセブン」の中盤に差し掛かった際、

「あれ?これって既読じゃね?」

と思ったのですが、実はこの「ラッキーセブン」は以前紹介した乾くるみ『セブン』にも収録されていた作品だったんですね。

読み始めに気づけよって話ですが、忘れっぽいのでしょうがない。

その「ラッキーセブン」からスタートし、「女子高生+ミステリ」が繰り広げられます。

全体的に(「ラッキーセブン」以外は)ライトな感じでゆるゆると読み進められました。

乾くるみは 『イニシエーション・ラブ』 や『スリープ』のような本ミスを描かせても上手いですが、学園ミステリにも定評があるんですよね。

話が脱線しましたが、個人的に本編の中では「マルキュー」がお気に入りです。

貧しい家庭の女子生徒の学費が無償になる特待生に選ばれるよう、クラスメートが勉強を教えてあげるというストーリーでそれほどミステリ感はないのですが、「なるほど」と膝を打つ結末でした。

ともあれ、全体的に乾くるみワールドとも呼ぶべき学園ミステリが繰り広げられます。

比較的読みやすい作品だと思いますので、読書を始めて間もない方にオススメです。