心に突き刺さる社会派サスペンス『希望が死んだ夜に』天祢涼

心に突き刺さる社会派サスペンス『希望が死んだ夜に』天祢涼

神奈川県川崎市で、14歳の女子中学生・冬野ネガが、同級生の春日井のぞみを殺害した容疑で逮捕された。少女は犯行を認めたが、その動機は一切語らない。何故、のぞみは殺されたのか?二人の刑事が捜査を開始すると、意外な事実が浮かび上がって―。現代社会が抱える闇を描いた、社会派青春ミステリー。

「BOOK」データベースより
Advertisement

タイトルについて

ものすごく絶望を感じるタイトルで驚かされました。

「希望が死んだ」、「夜」というネガティブな言葉から、これはかなり心にくるタイプの小説であることを覚悟したことを覚えています。

あらすじもかなり陰鬱な感じがするものの、一体どのようなストーリーなのかと期待してしまうのも事実ですね。


装丁・表紙について

タイトルもさることながら、表紙もインパクトが非常に強い!

女子中学生にスポットを当てた作品だけに女の子の写真が使用されていますが、凄まじい躍動感を感じます。

また、本作の内容を知ってから改めて表紙を見ると、絶望感のようなものも感じますね。


ストーリーや私的思い入れ

読み始める前に感じていた不安(期待)は良くも悪くも予想通りでした。

やはりフィクションとはいえ、子どもが命を落としたり悲惨な目に遭う小説というのは精神的なダメージが大きいですね。

これはただの「可哀想な」ストーリーではないことは確かです。

主人公である女子中学生・冬野ネガ(物凄いキラキラネーム!)が、同級生である春日井のぞみを殺害した容疑で逮捕されるところが序章です。

当初は取り調べを担当していた刑事・真壁と同様、読者はネガがなぜのぞみを殺害したのかがわからない状況です。

ところがストーリーが進むに連れ、読者には過去の彼女たちの過去が明かされていきます。

本当にネガはのぞみを手にかけるような人物だったのか…。

そして、ネガとのぞみの仲は…。

彼女たちの苦悩と行動には、心に突き刺さるような想いがしました。

本作はミステリというよりは社会派サスペンスの要素が強い作品だと思います。

結末で意外な真実が明かされる点においては、ミステリの要素を含んでいると言っても良いでしょうか。

天祢涼の作品は初読だったのですが、現実に起こり得る(実際に起っている)社会問題をテーマに良質なサスペンスを紡ぎあげた手腕はお見事でした。